もち麦と丸麦の違いは?食物繊維の量に違いはある??

もち麦と丸麦の違いは?食物繊維の量に違いはある??

健康やダイエットに目が向けられる昨今、食物繊維を豊富に含む食品として注目を浴びるもち麦丸麦

もち麦と丸麦で迷ってる人

でも、もち麦と丸麦、一体何が違うの???

今回はそんなお悩みの方に向けて、もち麦と丸麦、それぞれの基本的な特徴や、栄養素・食感・価格などを比較して、違いを紹介していきます。

もち麦とは、特有の粘り気が特徴的な食品です。

ふっくらとした食感が楽しめる一方で、栄養価にも優れ、β-グルカンをはじめとした成分が含まれており、スタミナアップやダイエット支援に効果的と言われています。

一方の丸麦は、そのシンプルながら深い味わいが魅力

こちらも健康維持に一役買う多彩な栄養素を含んでいます。

穀物の中でも特に健康効果の高いもち麦と丸麦、あなたのテーブルにも常備したくなる魅力を存分に掘り下げましょう。

目次

もち麦と丸麦の基本的な違いと特徴

日々の食生活にヘルシーなイメージを添えるもち麦と丸麦。

山藏スタッフ

健康志向の方にはおなじみの存在ですよね。

似ているようで実は個性豊かなこの二つの麦、その違いについてお話ししましょう。

もち麦は、とうもろこしに似た形をしていて、主に食物繊維が豊富に含まれているのが特徴です。

特に注目されているのが、「β-グルカン」という水溶性食物繊維

血糖値の上昇を緩やかにしたり、悪玉コレステロールを低下させるといわれており、ダイエット生活習慣病予防に興味のある方にはピッタリです。

山藏スタッフ

もちもちとした食感も楽しく、ごはんに混ぜるだけでなく、スープやサラダにもよく合います。

一方、丸麦は昔ながらのおなじみの麦。

見た目はもち麦よりも粒が小さく茶色がかった色合いをしています。

この丸麦、実は食物繊維がもち麦よりも少ないのですが、その分、ビタミンB1やB2をはじめ、ミネラルなどの栄養素が豊富です。

消化を助けるという利点もあるため、お腹の健康を気づかう方におすすめできます。炊飯時に混ぜると、ほんのり香ばしい風味がプラスされて、いつものご飯が格段に美味しくなりますよ。

飽きることなく毎日の食卓に取り入れるためにも、もち麦と丸麦の違いを活かして、バラエティ豊かな料理を楽しんでくださいね。

健康を考えることは大切ですが、美味しく食べることが何よりのモチベーションになります。

もち麦と丸麦の栄養素を比較してみよう

麦ごはん

もち麦は食物繊維が非常に豊富で、不溶性食物繊維も多く含まれているため、便通改善腸内環境の正常化に効果的とされています。

また、β-グルカンという水溶性食物繊維も多く含まれており、血糖値の上昇を緩やかにする作用があります。

丸麦にも食物繊維は含まれますが、もち麦ほどの量はありません。

しかし、ビタミンB群やミネラルが豊富で、低GI食品としても注目されています。

二つの麦はそれぞれ利点があり、栄養バランスを考えた食事に取り入れることで、健康維持促進に寄与するといえます。

栄養成分表比較

栄養成分もち麦15g丸麦15g
カロリー53kcal51.4kcal
たんぱく質1.2g1.0g
脂質0.5g0.3g
炭水化物12.1g11.4g

もち麦と丸麦の食感を比較してみよう

麦ごはん

もち麦の最大の特徴は粘り気弾力です。噛むともちもち感があり、満足感があります。白米と混ぜて炊くと、お米の食感に変化を加えることができ、美味しく食物繊維を摂取することが可能です。

対照的に丸麦はサラッとしており、もっちり感は控えめです。食物繊維を含む整腸作用はありますが、もち麦のような特有の粘りは少なく、スープやサラダに加えても食感の違和感が少ないのが特徴です。

山藏スタッフ

もち麦はどちらかというと、もちもち&プチプチ食感
丸麦プチプチ食感を感じることができます。

それぞれの食感の違いを楽しみながら様々な料理に取り入れることができます。

もち麦と丸麦の価格を比較してみよう

丸麦

もち麦と丸麦の価格は地域やブランドによって異なりますが、一般的にはもち麦の方がやや価格が高めです。

これはもち麦が栄養価が高く、特に需要が高いことや、精白された丸麦よりも加工に時間がかかるためです。

しかし、この価格差は大きなものではなく、健康への効果を考えれば、どちらもコストパフォーマンスが良いといえます。

市場やスーパー、健康食品店で価格を比較し、予算に応じて購入を検討すると良いでしょう。

もち麦と丸麦、ダイエット効果が期待できるのはどっち?

麦ごはんの食事

もち麦と丸麦は、ダイエット中の強い味方となる食材です。

どちらも高い食物繊維を含んでいるため、ダイエットに良いとされていますが、実際のところどちらがよりおすすめなのでしょうか。

食物繊維はダイエットに有効な理由があります。

満腹感を得やすく、お通じを促進してくれるからです。

もち麦も丸麦も食物繊維の宝庫ですが、特にもち麦には水溶性食物繊維が豊富に含まれている点が注目されます。

これは身体に優しく吸収され、胃や腸でゆっくりと消化されるため、食後の満足感を長く保ち、小腹がすきにくくなります。

山藏スタッフ

つまり、間食の誘惑とサヨナラできる可能性があるというわけですね。

血糖値にも目を向けてみましょう。

もち麦に含まれる特定の食物繊維、それはβ-グルカンです。

この成分は血糖値の急激な上昇をゆるやかにする効果が期待されており、すなわちダイエット中の血糖管理に一役買ってくれるのです。

これにより空腹感を感じにくくし、結果として無駄な食事量の増加を防ぐことに繋がります。

趣味の家庭菜園で野菜を育てるのが楽しみな私としては、日々の食事にも自然なものを取り入れることが大切だと考えています。もち麦や丸麦を盛り込んだレシピを試しながら、楽しくダイエットを行うのも一考ですね。

穀物一つを変えるだけで、体重管理がよりスムーズに、かつ豊かな食生活が送れるかもしれませんよ。

まとめ

本記事では、もち麦と丸麦の栄養素や食感、価格について比較し、ダイエットへの効果まで掘り下げてみました。

両者の栄養素では、特に食物繊維が注目されるポイントであり、もち麦には丸麦を上回る量が含まれていることが明らかになりました。

食感においては、もち麦は粘り気があり、一方の丸麦はしっかりとした噛み応えが特徴です。

お財布に優しい選択をしたい場合、丸麦の方がもち麦に比べて少々低価格傾向にあります。

ダイエット効果を求める際は、高い食物繊維を理由にもち麦がおすすめですが、丸麦にも十分食物繊維が含まれています。

食生活の中で上手にこれらを取り入れ、健康的な体作りを目指しましょう。

有機栽培でつくったもち麦「ダイシモチ」お試し150g販売中!

山藏農園では、有機栽培で紫もち麦「ダイシモチ」のお試ししやすい少量パックを販売しています。

是非お試しください^^

紫もち麦「ダイシモチ」お試し150g
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

山藏農園は、飛騨高山の冷涼な環境で有機栽培トマトをはじめとする各種有機野菜を栽培・販売する農園です。
有機野菜を使った加工品の企画・販売も行っています。
安心・安全、美味しい有機農産物の生産を心がけ、さらには高機能性や食卓に彩りを添えるお手伝いの出来る農園を目指しています。

目次