もち麦と雑穀米を比較!ダイエット効果が期待できるのはどっち?

もち麦と雑穀米を比較!ダイエット効果が期待できるのはどっち?
もち麦と雑穀米迷っている人

もち麦か雑穀米、どちらかをご飯に取り入れたいんだけど、どっちしたらいいの?

こんなお悩みの方に向けて、今回はもち麦と雑穀米の比較をしていきます。ダイエット効果が期待できるのはどっちなのかも紐解いていきます。

もち麦も雑穀米も、何となく健康によさそう・痩せそうと思って食事に取り入れる方が多いですが、何故良いのかを知りたくないですか?

山藏スタッフ

それぞれの良さを理解できると、自分の生活に合わせた選び方ができるようになりますよ!

是非参考にしてみてくださいね。

目次

もち麦と雑穀米を比較!

もち麦と雑穀米

(もち麦ご飯と雑穀ご飯の写真比較)

もち麦と雑穀米を比較していこうと思いますが、単純にこの2つを比較するのはなかなか難しかったりします。

なぜなら、雑穀米は入っている穀物の分量などによって栄養成分が変わってくる可能性があるからです。

また一緒に炊き上げる白米との割合によっても総カロリーが変わってきます。

なので今回は、山藏農園のもち麦(白米と炊く前のもち麦単体)15g筆者が自腹で購入した某雑穀米のパッケージ裏に記載されている栄養成分を参考に15gの場合の栄養成分を比較してみようと思います。

栄養成分(15g)もち麦某雑穀
エネルギー53kcal52.8kacl
たんぱく質1.2g1.6g
脂質0.5g0.6g
炭水化物12.1g10.5g

もち麦も雑穀米もそこまで大きな差があるわけではありませんが、しいて言うなら雑穀米の方が炭水化物が少ないのがわかります。

ただしもち麦や雑穀米の炭水化物は、糖質よりも食物繊維は割合としては多いと考えることができるでしょう。

もち麦の方が炭水化物が多いですが、その分食物繊維が多いとも言えます。

もち麦と雑穀米、ダイエット効果が期待できるのはどっち?

もち麦入りおにぎり

ではもち麦と雑穀米を比較して、ダイエット効果が期待できるのはどちらでしょうか。

結論的にはどちらを食べても食べ方や食べる量によっては痩せもするし太りもする、ということになります。

水溶性食物繊維の量が多いのはもち麦なので、その点ではもち麦が優勢とも言えるでしょう。

ただ、雑穀米は大豆などを含んでいるものもあり、たんぱく質が豊富な傾向があります。

(もちろん雑穀の種類や作っているメーカーによっては大豆などの割合が少ない所もあるかもしれません。)

たんぱく質をしっかりとってダイエットしたい方には雑穀米という選択肢も大いにアリと言えます。

山藏スタッフ

ただ、穀物から摂取できるたんぱく質は微々たるものなので、タンパク質を摂りたいなら大豆製品や肉類をしっかり食べる方が効率的ですね

もち麦と雑穀米、血糖値が上がりにくいのはどっち?

もち麦大さじ2で炊いた麦ごはん

もち麦も雑穀米も、どちらも食物繊維が豊富に含まれているので、どちらも血糖値が上がりにくいといえます。

しいてどちらの方がというと、もち麦の方が食物繊維が豊富といえるので、もち麦の方が血糖値が上がりにくいと言えるでしょう。

とはいえ、雑穀米も血糖値の急上昇を抑えるくらいの食物繊維が含まれているので、正直どちらも同じくらいです!

またどちらも「セカンドミール効果」が期待できるので、1食食べると2食目後の血糖値上昇まで抑えてくれます。

もち麦と雑穀米を混ぜて食べる!

雑穀米
もち麦と雑穀米迷っている人

もち麦と雑穀米の良さを全部取り入れたいから、2つを混ぜて食べるのはアリ?

山藏スタッフ

全く問題ありませんよ!

食物繊維を多く摂りたい場合は、もち麦の割合を多くして雑穀を混ぜてもOKです!

もち麦と雑穀を別々に用意しておくことで、食卓のバリエーションも増えますし、ちょっと主食に飽きてきたなと思ったときに、

  • 白米のみ
  • もち麦ごはん
  • 雑穀ごはん
  • もち麦雑穀ごはん

と、変えていけるのもメリットですね。

山藏スタッフ

雑穀米の中には既にもち麦が含まれている商品もいっぱいあるので、探してみるのもいいかもしれません。

まとめ

今回はもち麦と雑穀米の比較をしてみました。

  • もち麦と雑穀の栄養成分・カロリーはそこまで変わらない
  • 食物繊維はもち麦が多め
  • たんぱく質は雑穀米が多め(含まれている材料による)
  • どちらもダイエット効果が期待できるが、食物繊維の観点で見るともち麦の方が優勢
  • もち麦・雑穀米どちらも食物繊維が豊富なので血糖値が上がりにくい
  • もち麦・雑穀米どちらも「セカンドミール効果」が期待できる
  • もち麦と雑穀米を混ぜて食べるのもアリ

ダイエットの観点て言うと、もち麦を食べるから・雑穀米を食べるから痩せるというものではありません。

しっかりカロリーを見て、ご自身の代謝に合わせて食べるものを調整することで体重を落とすことができるので、その食事の中にもち麦や雑穀米を取り入れることで食物繊維をしっかり摂ることができてよいよ!という話ですね。

あなたの生活に気持ちよく取り入れられる穀物を主食に加えてみてはいかがでしょうか?

有機栽培でつくったもち麦「ダイシモチ」お試し150g販売中!

山藏農園では、有機栽培で紫もち麦「ダイシモチ」のお試ししやすい少量パックを販売しています。

是非お試しください^^

紫もち麦「ダイシモチ」お試し150g
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

山藏農園は、飛騨高山の冷涼な環境で有機栽培トマトをはじめとする各種有機野菜を栽培・販売する農園です。
有機野菜を使った加工品の企画・販売も行っています。
安心・安全、美味しい有機農産物の生産を心がけ、さらには高機能性や食卓に彩りを添えるお手伝いの出来る農園を目指しています。

目次